サイトリニューアル中につきご不便をおかけしています。

フリーザーペーパーを使ってアップリケ〜図解します

目次

何度でも貼り直せるフリーザーペーパー

フリーザーペーパーを使ってアップリケ

フリーザーペーパーの特長は、アイロンで接着して複数回貼り直しができることです。

  • 使い回しができる
  • まち針を使わなくても仮止めできる
  • しっかり仮止めできる
  • カーブや鋭角を再現しやすい

今回はピースの裏側にフリーザーペーパーの糊面を設置してアップリケする方法を図解しますね!

アップリケのやり方

予めピースの型紙(裁ち切り)と同じ大きさのフリーザーペーパーの型紙を作っておきます。

アップリケするパーツに3mmくらいの縫い代を付けて裁ちます。

パーツに縫い代を付けて裁つ

アップリケをする土台のピースに型紙で印を書いておきます。

土台布に印を書く

フリーザーペーパーの糊面を上側にしてピースに置きます。

フリーザーペーパーの糊面を上にして置く

切り取ったピースの周囲5mm間隔で、3mmの深さで切込みを入れておきます。カーブをなだらかに出すためです。

縫い代を手前に折り込み、アイロンでフリーザーペーパーに接着する。

縫い代を仮接着
縫い代を貼り終わったところ

アップリケするピースを土台布にアイロンで仮接着します。

ピースを土台に仮接着

奥たてまつり縫いでアップリケします

奥たてまつり縫いでアップリケ

重なる部分を切り抜きます

縫い代3mm残し土台布とアップリケ布を切り取ります。厚みがあるとキルティングがしにくいため。

土台とアップリケ布の重なるところをくり抜く

フリーザーペーパーを取り出します

目打ちを差し込みフリーザーペーパーを剥がし取り出します。

目打ちでフリーザーペーパー取り出す
取り出したフリーザーペーパー
中の人

フリーザーペーパーを使い回したのでよれています💦

おきゃくさん

なんか…外科手術みたいですね…

できあがり!

表に返し、軽くアイロンをして整えます。

フリーザーペーパーを使ったアップリケ
できあがり

まとめ

フリーザーペーパーを使ったアップリケのやり方を図解してみました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ランキングに参加中!よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ

フリーザーペーパーを使ったアップリケ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子どもたちが巣立つのを機に20年ぶりにパッチワークキルトを学び始めました。日本手芸普及協会にてパッチワークキルト指導員、ミシンキルト指導員の資格を取得しました。伝統的な手法を汲みつつ時代に即したキルトづくりを模索する日々です。

コメント

コメントする

目次