サイトリニューアル中につきご不便をおかけしています。

ルーラーでミシンキルティング★米Amazonに返品する??

目次

新しいルーラーを使ってミシンキルティング

ルーラーを使ってミシンキルティング

ミシンキルティング用のルーラーは、JUKIさんの職業用ミシン用と家庭用ミシン用、ハンディキルター製を持っていました。

もう少しバリエーションがほしくて、ネットショップで探しました。

地理的な問題でキルト展やショップに行かれないのでネットショップが頼りなのです。

国内のミシンメーカーではジャノメさんにもあるようです。

国内外検索してアカウントを持っているので、AmazonUSAでCreative Grids Machine Quilting Tool を購入しました。

ところが…

もしかして模造品??

Creative Grids の公式サイトで確認すると、気になることが記載されていました。

あわせて読みたい
Creative Grids USA ® Find out what makes a Creative Grids® ruler stand out from all the other rulers.

DEEPL翻訳にかけると

注意:Creative Grids® は、Amazon で販売されている外国製の模倣定規に問題があります。偽造品は、グリップドットの効果が弱く、アクリルのグレードが低く、マーキングも正確ではありません。私たちは偽造品を阻止するための措置をとっていますが、その間、アマゾンの有名な偽造品販売者を以下に紹介します。Raymond Bart、Music Beikeyu、Choose Best、Denggulong、Lroom、そしてSunitekです。残念ながら、アマゾンは偽造品の在庫を他の正規のアマゾン販売者に混ぜています。そのため、Amazonの正規の販売者から注文しても、偽造品が届く可能性があります。この問題が解決されるまでは、お近くのキルトショップ、または以下の信頼できるオンラインショップからご購入されることをお勧めします。お近くのCreative Grids®販売店を検索するには、以下の国旗をクリックし、手順に従ってください。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

AmazonUSA の神対応

わたしは国内外問わずAmazonで購入する際には販売者情報を確認しています。

異常に安い価格で販売されていた場合は偽造品だったり、購入したものがなかなか送られてこないなどのトラブルを避けたいからです。

今回も確認したのですがクリエイティブグリッドのサイトに案内されたので問題ないと思いました。

商品が届いてから使い方の詳しい情報を知りたいと、Amazonのリンク外から公式サイトを訪問すると件の注意事項があったというわけです。

でも、送られたものが正規品なのか、模造品なのか、2つ並べて比べてみないとわかりませんよね。

グレーなら返品だ!と思い、AmazonUSA で返品手続きを開始しました。

返品理由を、公式サイトのパッケージと異なるロゴだった、としました。

Amazon側はその返品理由を自社側の問題と捉えたようです。

あとは送るだけのところまでこぎつけましたがけっきょく返品しなかったので、返送にかかる費用をアマゾン側で負担するのか、全額返済されるのかは確認できませんでしたが、意外にかんたんに返品できることがわかり勉強になりました。

返品を申し込んでも手続きを開始しなければなにも起こりません。

返品しないと決めたので開けて使っています。

返品するのを止めたのは、送られた商品をよくよく観察して、特に問題もなさそうですし、よく調べず購入した自己責任と思い直したからです。

灯台下暗しとはまさに

ところでこのルーラー三点セット、国内でも買えることが分かりました。

送料無料なので、AmazonUSA での送料を含めた購入額とほぼ変わりません。

中の人
中の人

骨折り損のくたびれ儲け・・・

おきゃくさん
おきゃくさん

まあまあ、そう言わずに…良い勉強になったと思えば!

中の人
中の人

おきゃくさんは神様です❤

新しいルーラーの使い勝手は抜群です。

さくさく進めますよ〜

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

良い週末をお過ごしくださいね。

ランキングに参加中!よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ

新しいルーラー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

子どもたちが巣立つのを機に20年ぶりにパッチワークキルトを学び始めました。日本手芸普及協会にてパッチワークキルト指導員、ミシンキルト指導員の資格を取得しました。伝統的な手法を汲みつつ時代に即したキルトづくりを模索する日々です。

コメント

コメントする

目次