ナインパッチのベビーキルト ミシンでピーシング、刺しゅう糸でビッグステッチ

この記事は約2分で読めます。

パターンによりますが、今回ご紹介するナインパッチのようなはめ込みやカーブのない四角つなぎであればミシンでのピーシングが取り組みやすいです。
もちろん、いくつかのポイントを押さえることとミシンに慣れる必要がありますが、まっすぐ縫えますし早くトップが完成します。

けれども、キルティングをミシンで、となると、きれいにキルティングするには練習が必要ですし、何より解くのがとても大変なのでかえって時間がかかってしまうことも。

そこで、ピーシングはミシンで、キルティングはビッグステッチをハンドで刺してみました。

ナインパッチのベビーキルト

ナインパッチのベビーキルト

一般的なハンドキルティングより少し大きな針目で刺しています。
糸は、WonderFil のエレガンザを使いました。
刺し子糸と同じくらいの太さの刺しゅう糸です。

エレガンザ

エレガンザ

刺しゅうの針は太いので、刺し子用の針を使ったところ長さもあり縫いやすいです。

刺し子針

刺し子針

 

刺し子用の針を使う前はキルト用の針でフープを使ってキルティングしていました。

ナインパッチ

ナインパッチ

ビッグステッチの場合、シンブルを押して刺すやり方ではなくぐし縫いのように真上から針を入れて真下から引き出すのを繰り返すやり方で充分きれいに刺せるように思います。

キルティングの方法はいろいろあり、くけ台を使ってなみ縫いのようにされる方もありますし、細かく針目の整ったでき上りを要求される出品作品やプレゼント、あるいは個人的なこだわりがなければ、好きなやり方でストレスなく楽しむとよいと思います!

コメント

スポンサーリンク