春が近づいてきましたね!

Electric Quilt 8 /EQ8 カスタムキルトの作成方法のメモです

この記事は約5分で読めます。

 

友人の新作の用尺を出す目的で、EQ8を使用してカスタムキルトを製図してみました。
洋書 MODERN PATCHWORK HOME / EDITED BY VIVIKA HANSEN DENEGRE を参考に友人が好みとスキルに合わせてデザインしたオリジナルです。

新作キルト

新作キルト

シンプルなキルトで一つのピースが大きいので用尺もすぐ出せますし、すでにデザインを描いているのであまり必要ではありませんが、この機会にカスタムキルトの製図方法を理解しようとチャレンジしました。
オリジナルと少し変えてメイキングの覚書をしておきます。
めったにやらないことは、時間が過ぎると忘れてしまいますからね!

EQ8 カスタムキルトの作成方法

あらかじめブロックを作成します。


キルトをレイアウトするときに変更できますので、比率やバランスにこだわらないなら取り合えず作っても大丈夫です。

EQ8 block作成

EQ8 ブロック作成

 

キルト作成画面を開く

quilt work table タブをクリックしてキルト作成画面を開きます。
NEW QUILTタブを右にスクロールすると≫マークにcustom set が隠れているので、クリックすると作成画面になります。
実はわたしはこれが見つけられなくて公式サイトのヘルプを開きました。

LAYOUTタブでキルトのサイズを指定

カスタムキルトの作成画面

カスタムキルトの作成画面

 

BORDERSタブでボーダーのサイズとデザインを指定(ここは飛ばしでも大丈夫)

ブロックの配置


DESIGNタブを開いてSet Block

eq8 set block

eq8 セットブロック

 

ブロックのサイズ変更

ブロックを任意のサイズに変更する

block resize

ブロックのサイズ変更

 

変更後です。
あらかじめブロックを作成するときにサイズを決めておくと、デザインが崩れないというわけです。

block resize

ブロックサイズ変更後

 

ブロックを配置していきます。
ここは神経質にならず必要なものを置いていきます。

block layout

ブロックの配置

 

ブロックの調整

各ブロックのサイズと、位置を指定します。
注:画像の数値は調整前です。

 

block adjust

ブロックの位置調整

 

ブロックの前後の位置を調整する

各ブロックは重なりも調整できます。
例えば、すでに作成したブロックが大きすぎた、サイズは変えられるけれどブロックのデザインは維持したい!という場合、ピンクで囲んだところで変えるとデザインが変わってしまうことがあります。

send to back

大きすぎたブロック

 

この場合は、Send to Back で後ろに配置します。

send to back

ブロックを後ろに配置する

 

ボーダーを決める

最後にボーダーを配色して

BORDERS

ボーダー配色

 

完成です。

キルトの用尺を出す


用尺は PRINT&EXPORT タブを開いて Print 画面から Yardage をクリックするとポップアップフォームが出現します。
必要事項を記入して Preview で確認後 Print します。

yardage

用尺を出す

 

yardage

用尺

 

さいごに

 

基本的にはExcelやWordと同じですが、作成したブロックを自由に切り貼りできないのが(もしかしたらできるけれどわたしが知らないのかもしれません)不便に感じます。
何かやりたいことがあった時に引き出しを増やしておくためにも、機会を見てチャレンジしようと思います。

 

 

コメント

スポンサーリンク