10月半ばより教室再開します!

プラスキルトブロック 二枚目が縫えました

この記事は約2分で読めます。
プラスキルトブロック2

使用生地はAGF

Art Gallery Fabrics - leading manufacturer of modern fabrics
Art Gallery Fabrics is a leading manufacturer of artistic inspired modern fabrics providing quilting, home d馗or, sewing and apparel industries with the highest ...

アイキャッチ画像のほうにためらい傷がしっかり写っていますね。
初心者向けと縫い始めたプラスブロックですが、順番どおりに縫えばできあがるというものでもないようです。

自宅にあるミシン、洋裁やキルト専用ではなく手ごろなミシンでミシンキルトを作るにはどんな工夫が必要かということに強い関心があります。
わたしは不器用なので高性能のミシンでも四苦八苦していますけどね。

十数年前再びパッチワークを始めようと思ったとき、まったくその世界から遠ざかっていましたので資料を集めるために QUILT の文字列で検索しました。
とうぜん海外のサイトやブログがヒットしました。
海外ではミシンキルトが流行っているのだなあと、自宅にあった古い刺しゅうがメインのコンピューターミシンを使って見よう見まねでやってみました。
けれども、英語もわからないし不器用で呑み込みが悪いので、やはり先生に習わないと無理だと思い、資格取得につきすすみました。
今は日本語でもたくさん情報がありますが、高性能のミシンは手軽にやってみるには高額に思いました。

それで、テレビショッピングで3万円くらいのコンピューターミシンを買いました。
今回のプラスキルトを作ろう!では、これを使いこなしてやりたいですね。
手軽にミシンキルトを楽しむ方が増えたらいいなあと願いつつ。

コメント

スポンサーリンク