SHOPカテゴリーでカットクロスセットアップしています!
たのしいキルトドットコム

キルトトークは出雲市のパッチワーク・ミシンキルト教室です。

ENJOY QUILTING

SEW CIAL BEE SAMPLER /ビッグキルトが完成しました

この記事は約3分で読めます。

二重格子のキルティングファイナル

Sewcialbee Sampler
Sewcialbee Sampler
キルトの名前SEW CIAL BEE SAMPLER
キルトのサイズ200㎝×200㎝
制作年月日2017年 ̄2021年5月
使用パターン(デザイナー)Sharon Holland
使用生地Art Gallery Fabrics
使用糸Aurifil 50wt
使用ミシンJUKI SL-700EX
SEW CIAL BEE SAMPLER

前回の更新は3月16日だったので2ヶ月も過ぎてしまいました。

ウォーキングフット押さえを使った直線縫いで、二重格子の縦のラインまで済ませていました。

縦の列のキルティングが終わっていたので、トップとキルト綿と裏布がしっかり縫い合わさりました。

定規を使って直線キルティング

フリーモーションキルティングのテクニックに、専用のルーラーを使用したルーラーワークがあります。

ルーラーワークはミシンの送り歯を下げて、フリーモーション用の押さえを使用します。

ルーラーワークでは、縫い進む方向を上下左右斜め自由に縫い進められます。

今回横の列は、ラインを書かず定規をガイドに縫いました。

送り歯を下げず直線縫いの押さえで行ったので縫い進む方向は上から下のみです。

まず任意のラインを一本縫い、7㎜となりを縫い、2.5inch となりを縫い…を繰り返しました。

この方法のメリットは

  • キルティングラインを描かなくてもよい。
  • まっすぐなラインが実現する。

すでに縦のキルティングが済んでいて縫いずれが起こりにくくなっているので、ルーラーをガイドに効率よくキルティングを進めることができました。

ただし、ルーラーは押さえの左側に当てる(当然ですが)ので、定規の目盛り通りに測っては押さえの幅分広くなることに留意する必要があります。

まとめ

このビッグキルトは2017年インスタグラムでの Sharon Holland Designs さんによるプロジェクト Sewcialbeesampler quilt along に参加してトップを作りました。

キルティングの進捗のみブログにアップしています。

よろしかったら見てくださいね!

ビッグキルトはダイニングルームのソファベッドにかけます。

縦横に、5cm間隔で二重のキルティングをしたのでしっかりしていて丈夫そうです。

アートギャラリーファブリックスの生地は肌ざわりがよく気持ちが良いです。

夏向きの配色なのでこれから使うのが楽しみです。

SEW CIAL BEE SAMPLER
SEW CIAL BEE SAMPLER

コメント

スポンサーリンク