ミシンキルティング★バインディングに入りました

この記事は約2分で読めます。

バインディングってなに??

ビッグログキャビンのキルトのバインディングに入りました!

スペルはbinding

端の始末の方法。バイアス布地の目の通った布で端をはさむようにくるんだり、表布裏布くるんで始末すること。

weblioより

パッチワークキルトを習う前はパイピングと言ってました。

一般的には布をバイアスに裁ってくるみますが、カーブがなければ地の目でかまわないです。

今回も、キルティング終了後トップをできあがりサイズにカットしたら、裏布に使った生地がけっこうな幅で切り取れたのでそれを使いました。

バインディング

バインディングに使う布

このバインディングに使う布は毎回悩みます。

引き締め効果を狙ってコントラストをつけると冴えない感じになったり、ぼやけた色だとぼんやりしたキルトになったり、なかなか思い通りに決まりません。

カットする前に布を当ててどんなイメージになるかシミュレーションしてみるのですが、そうしてみたのとつけてみたのでは違ってしまうことも。

カットして変更したり、せっかくつけ終えたのを解いたり、使わなかったバインディング用のテープ布がいくつかあります。

今回はアンティークっぽい、服地やシーツの布を使ったキルトをイメージしたので、バインディングも裏布と同じわりと薄い生地ので白っぽい、ちょっと色あせたような墨色のプリント柄がポツポツ描かれている布にしました。

メインにはなりにくい布なので適当に選ぶこともあると思いますが、こういうところに気合を入れたりします。

おきゃくさん
おきゃくさん

そこまで??とは思わなんだ!

中の人
中の人

ほぼ自己満足の世界です…

バインディングの幅は1cmで、額縁したてにします。

今日もお読みくださりありがとうございました〜!

コメント